賃貸住宅経営・土地活用 TOP > 商品案内 TOP > エルメゾン フィカーサ > 先進の技術

建物の強さと美しさを長く保つ 先進の技術

最高ランク耐震等級3のHS構法と光触媒のタイル外壁が、賃貸住宅の資産価値を高めます。

資産価値の高い賃貸住宅を実現するために、フィカーサは、限られた敷地を大きく生かす設計対応力、建物を守り続ける頑強な構造とともに外壁の性能までも追求しました。 最高ランクの耐震性と大地震にも繰り返し発生する地震にも強い構造技術「パワテック」を採用し、強固な制震構造を実現した「HS構法」。 さらにその強さをベースにして、15cmきざみの設計モジュールで、設計の自由度を高め、その価値ある住まいを光触媒タイル「キラテック」が美しく彩ります。 強さと自由性、そして美しさを併せ持つフィカーサは、入居者のくらしとオーナーさまのかけがえのない資産を、大切に守り続けます。

※品確法の住宅性能表示制度に対応した構造耐震等級は最高ランクの3です。
ただし、建物によっては等級3とならない場合があります。

耐震性能

建物の強さに対する3つのこだわりが、最高ランクの耐震性を実現しました。

フィカーサのHS構法は、品確法の住宅性能表示制度に対応する構造耐震等級で最高ランク(3)を実現。その強さの秘密は、パナホーム独自の耐震構造「パワテック」にあります。「パワテック」のこだわりは

この3つの強みが、重厚感のある外壁の総タイル貼りを可能にします。

繰り返す揺れに強さを発揮する制震構造。

HS構法の制震構造は、斜材部に「座屈拘束+低降伏点鋼」を使用した「アタックダンパー」が要。それを採用した耐力壁「アタックフレーム」で揺れを低減し、「引張」「圧縮」の両方で耐力を発揮。
地震の大きな力が繰り返し加わっても建物の損傷を最小限に抑える、制震技術に優れた構造です。

※ATACK FRAME(アタックフレーム)
Anti Tense(引張) + Anti Compress(圧縮) K-Frameの頭文字から成る造語。「引張にも圧縮にも力を発揮するK型フレーム」という意味を持つ、新開発の高耐力フレームです。

過酷な振動実験で、繰り返し発生する地震や大地震にも耐える、強い構造技術を実証。

東日本大震災の築館波などの大地震57回、さらに中地震83回という140回なも及ぶ過酷な振動実験を実施。 度重なる加振にも建物や構造体に目立った損傷はありませんでした。 また、阪神・淡路大震災神戸波の4.3倍のエネルギー量である、東海地震を想定した施設の限界加振にも挑戦。 その後の建物検証では、構造体の交換が必要となるような大きな損傷はなく、構造技術「パワテック」の地震に耐える強さを実証しました。

設計対応力

15cmきざみの設計モジュールが、個性豊かな外観デザインと柔軟な間取り設計を実現します。

入居者に選ばれる快適な居住空間を実現するために。フィカーサは15cmきざみの設計モジュールを採用しました。幅15cmきざみの設計と柱、アタックフレームの移動により、1階・2階それぞれに適した、自由性の高い空間を計画できます。

自由な設計を支える接合部ジョイントブロック。

15cmきざみの設計モジュールを支えるのは、鉄骨を頑強に接合し、耐震性能を確保する接合部ジョイントブロックです。HS構法は、この強固な接合部によって、柱や梁、アタックフレームの移動を可能にします。

優れた敷地対応力が土地のパフォーマンスを最大限に生かします。

幅15cmきざみの設計モジュールによって、間口の狭い敷地や変形敷地でも、バランスの取れた建物配置が実現できます。さらに敷地を効率よく最大限に活用し、庭や駐車場を確保することで物件のイメージを高め、資産価値の高い経営ができます。

敷地の北側・西側いっぱいに建物を計画。南側に明るい庭と駐車スペースを確保できます。

光触媒タイル「キラテック」

先進のタイル外壁「キラテック」は、高い資産価値と美しさが長持ちします。

入居者に選ばれ、街並みを高めるような資産価値の高い賃貸住宅をつくるために。太陽光と雨水によるセルフクリーニング効果で、美しさが長持ちする光触媒タイル「キラテック」をご提案します。

光触媒タイル「キラテック」について 詳しくはこちら

※「パワテック」、「キラテック」は当社の登録商標です。
※太陽光が当たらなかったり、雨水がかからない部位や汚れの種類により効果が十分に発揮できない場合があります。



エルメゾン フィカーサ
エルメゾン フィカーサTOPへ

パナホームの「エコアイディアの家」の総合力を結集した、先進の賃貸住宅「フィカーサ」は、 マンショングレードの品質で、入居者に選ばれ続ける、安定した満足経営を実現します。

新しい技術
快適性能
建物タイプ
【モデル事例】女性向け短期体験型賃貸住宅

FICASA ECOSOLEIL [フィカーサ エコソレイユ]

ページの先頭に戻る