実例に学ぶ土地活用併用賃貸住宅
15兵庫県西宮市 / 賃貸併用住宅3階建 1棟・13戸+ご自宅2戸

お客さま目線で差をつけるエグゼクティヴな自宅併用マンション。

アンバーと白の2色のキラテックタイルを採用した建物に、植栽や積石調のエクステリアを組み合わせ、重厚感と潤いを感じる外観を演出。

エントランスへと続くアプローチは、緩やかなカーブとライトアップで奥行感と高級感を高めています。

名称
アルベルデ 西北
敷地面積
492.07㎡(約149坪)
延床面積
847.44㎡(約256坪)
棟数・戸数
1棟・13戸+ご自宅2戸
間取り
1K・1LDK(28~40㎡)

立地に甘えない戦略的な賃貸住宅経営。

関西の住みたい街ランキングで1位の西宮北口。2016年春、約150坪の広い敷地を有効活用し、最上階に二世帯住宅を配した重量鉄骨造3階建の併用賃貸マンション『アルベルデ 西北』が誕生しました。駅から徒歩2分、西日本最大級のショッピングセンターにも近い好立地ですが、オーナーさまは「立地に甘えていては将来の安定経営はない」とおっしゃいます。
「相続税対策やマイナス金利の影響でこの周辺でも賃貸住宅を建てる方がますます増えると思います。その反面、少子化で住む人は減りますから、競争は間違いなく激化する。建てるからには周りの物件と一線を画す賃貸住宅にしなければ」。そう考えたオーナーさまはご自身で地元の賃貸仲介業者を回り、市場調査を実施。その結果に基づき、上質なデザインとセキュリティ、エグゼクティヴなエントランスを重視したマンション計画がスタートしました。

※ 「2016年版みんなが選んだ住みたい街ランキング関西版」リクルート住まいカンパニー

マンションの顔となるエントランスは、アプローチ側の自動ドアとオートロック自動ドアの間に風除室を設計。ハイセンスなデザインがマンションのグレードを感じさせます。

ゆったりとした屋内共用部には造り付けの飾り棚を設け、アートでマンションの個性を演出しています。

企業で培ったお客さま目線のものづくり。

大企業で開発企画のお仕事をされていたオーナーさまが、建築会社選びで基準とされたのは「品質(Quality)・費用(Cost)・納期(Delivery)」のQCDです。「トータルで判断してパナホームを選びました。具体的に言うと、1点目が設計対応力。現場施工のRC造に比べてどうかなと思いましたが、驚くほど柔軟に対応していただいた。2点目がセキュリティやキッチンなどパナソニックグループだけあって設備がいい。女性目線の配慮が行き届いているのも魅力でした。3点目は提案力。特にエントランスは妥協せずに注文を付けましたが、嫌な顔ひとつせずに次々に新しい提案をしていただいた。4点目がキラテックタイル。高級なタイルを貼っても年月が経てば汚れて質感が落ちます。美しさが長持ちするキラテックのメリットは大きいですね」とポイントを押さえて説明してくださいました。
「入居者の想像を上回るくらい上質なものを提供して喜んでもらえば、その結果として利回りが付いてくる」という、お客さま目線の経営哲学をお持ちのオーナーさま。「おかげで個性豊かなマンションができたと満足しています」と高い評価をいただきました。

1-2階にシングル・ディンクス向けの賃貸住宅13戸を配置。モデルルームでは、女性視点で付加価値を高める「ラシーネ」のコンセプトを採用した住戸設計をご覧いただけます。

キッチンの側のパントリー収納、洗濯物をかけておける洗面室のパイプハンガー付収納など、水まわりは適材適所の収納を充実。細やかな気配りが女性に好評です。

担当者のコメントパナホーム株式会社 神戸支社 資産活用営業部 神戸特建営業所 櫻野 雅樹

担当者写真営業活動ではパナホームの建物を売るというよりも、オーナーさまのご家族の一員になったつもりで「この土地をどう活用すればいいのか」をご一緒に考えるようにしています。そうして初めて「これが一番いい」という事業計画が見えてきます。今回の『アルベルデ 西北』は高い経営ビジョンをお持ちのオーナーさまのお仕事です。ご一緒になって「どうすれば入居者が喜んでくれるのか」を真剣に考えながら、設計・工事のスタッフも一丸となって取り組ませていただきました。

パナホームオリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

  • ラシーネコンセプトブック

    カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック
  • 成功する 賃貸併用住宅ガイド

    カタログ画像:成功する賃貸併用住宅ガイド

土地活用・賃貸住宅経営はパナホームで