実例に学ぶ土地活用専用賃貸住宅 3・4・5階建
15埼玉県川越市 / 賃貸住宅3階建 1棟・21戸

整備が進む駅前に、女性の憧れをカタチにした3階建賃貸住宅が誕生。

上品な色調の光触媒タイルを貼り分けた『カトレア』の外観。セルフクリーニング効果で末長く美しさをキープします。

名称
カトレア
敷地面積
881.25㎡(約267坪)
延床面積
1,049.26㎡(約317坪)
棟数・戸数
1棟・21戸
間取り
1LDK~2LDK(約33~58㎡)

資産診断を基に有効活用で土地を残す。

東京都心へのアクセスに優れ、埼玉県南西部地域の中心都市として発展を続ける川越市。市の中心部に程近い東武東上線新河岸駅周辺では、今年度中の完成をめざして駅舎や駅前広場の整備が進む中、新設されるロータリーから徒歩1分という好立地に2016年秋、3階建賃貸住宅『カトレア』がオープンしました。
オーナーさまが今回の土地活用を計画されたのは、JAさまが組合員サポートとして実施されている資産診断の結果を踏まえてのものです。「父が相続に備えて守ってきた土地が2カ所あったのですが、資産診断で2つとも手放さないと相続税を払い切れないことがわかりました。借り入れをして有効活用すれば、相続税を軽減しながら土地を半分残すことができ、なおかつ形のある物件も残ります。そこで両親の代から付き合いがあり、自宅の建て替えでもお世話になったパナホームに相談したのです」と、決断に至った経緯をお話しくださいました。

自動ドアのオートロックを採用したエントランス空間と屋内共用廊下。内装の素材や間接照明にこだわり、ホテルライクな高級感漂う空間に仕上げました。

品格漂う外観と女性視点の上質空間で差別化。

駅前立地や相続税対策の効果を総合的に考慮してパナホームがご提案したのは、共用廊下や階段を屋内に設けたマンションタイプの3階建賃貸住宅。光触媒タイルを貼り分けた品格漂う外観デザインに加え、女性視点から生まれた「ラシーネ」の上質な空間づくりで付加価値を高めるプランです。シングルからファミリーまで対応できる間取りのバリエーションやフロア毎に異なるインテリアなど、幅広い入居者層を取り込む工夫を凝らしています。
「最近は生活にゆとりのある女性の一人ぐらしが増えていますよね。そういうことを考えても、パナホームの提案は時代に合っていると納得できました。女性なら誰もが憧れる部屋、私自身ぜひ住んでみたいと思うくらい」と笑顔の奥さま。「最初は3階建の提案に驚きましたが、完成したのを見て建てて良かったと実感しました。ちょっとこの辺りにはない物件です」とオーナーさま。新河岸駅前の新たな街づくりの指標ともなる、ひとクラス上のグレードの賃貸住宅が誕生しました。

1階のモデルルームはディンクスを対象にした広めの1LDKタイプ。明るく清潔感のあるホワイトインテリアは女性に好評です。リビングと一体感のあるオープンキッチンの側には、カウンターコーナーも設置。

寝室には洗面室へ通り抜けられるウォークスルークローゼットを併設。共働き世帯が増える中、効率的な生活動線に配慮しました。

担当者のコメント埼玉西パナホーム株式会社 営業本部 法人営業部 特建営業所 山口 真一

担当者写真営業活動で大切にしているのは、お客さまに寄り添い、何十年たっても安心して経営いただける事業計画をご提案すること。そのためには地域や立地を見極め、その土地にふさわしいプランをどれだけ追求できるかがポイントになります。今回の『カトレア』は、これからの新河岸駅前の街づくりにふさわしい、多くの方々に共感いただける賃貸住宅をご提案しました。入居募集では不動産会社さんから「モノが違う」と高い評価をいただき、すぐに満室となりました。

パナホームオリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

  • ラシーネコンセプトブック

    カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック
  • 3・4・5階建実例集

    カタログ画像:3・4・5階建実例集

土地活用・賃貸住宅経営はパナホームで