実例に学ぶ土地活用専用賃貸住宅 3・4・5階建
14愛知県名古屋市 / 賃貸住宅3階建 1棟・12戸

ご主人の遺志を継ぎ、3階建賃貸住宅で実現した念願の土地活用。

白×黒の光触媒タイルを貼り分けたモノトーンの外観が印象的な3階建賃貸住宅。2-3階部分に張り出しを設け、立体感のある重厚なファサードに仕上げました。

南向きにワイドなバルコニーを設けた『メルヴェーユ瀬古』の全景。広い敷地内に全世帯分+来客用の駐車スペースを完備。

名称
メルヴェーユ瀬古
敷地面積
1,015.00㎡(約307坪)
延床面積
806.86㎡(約244坪)
棟数・戸数
1棟・12戸
間取り
2LDK(60.5~72.2㎡)

先祖が守ってきた土地を生かしたい。

名古屋市の東北部に位置する守山区は、1世帯あたり人員が市内16区で2番目に多い、ファミリーに人気のエリアです。2016年秋、小学校やクリニックが並ぶ大通りから1本入った住宅地の真ん中に、3階建のファミリー向け賃貸住宅『メルヴェーユ瀬古』がオープンしました。
オーナーさまは土地活用の動機について、「先祖が一生懸命守ってきてくれた土地を何とかして生かしたいというのが、主人の希望だったんです」とおっしゃいます。300坪を超える広い敷地ですが、接道が悪いため、有効に利用できないまま長い年月が経っていました。「うちだけでなく周囲の家も困っていましたので、主人が“みんなが良くなるように”との思いから大通りに面した土地を買ったんです。そのおかげで中に通じる道路ができました」。2年前に亡くなられたご主人の遺志を継ぎ、12世帯の家族がくらす賃貸住宅を完成させたオーナーさまは、「やっとこの土地が生きました」とほっとした笑顔でお話しくださいました。

※2017年2月1日 現在2.45人、名古屋市推計

エントランスの前面にミニガーデンを配置し、入居者が季節を身近に感じられる設計に。

エントランスへのアプローチは、ベビーカーや自転車での出入りにも配慮したゆるやかなスロープ。

分譲マンションを思わせる自動ドアのオートロックエントランス。セキュリティを重視して自転車置き場を内部に設計しています。

エントランスホールは白のタイルにダークな色調の天井材を合わせ、すっきりとしたモダンなイメージに。共用部には要所にグリーンスポットを設け、入居者や訪れる人の目を楽しませています。

外観デザインと、住み心地の上質感を追求。

大通りからきれいに舗装された道を入って行くと、日当たりのよい広い敷地にゆったり配置された『メルヴェーユ瀬古』の表情豊かな外観が目に飛び込んできます。白と黒の光触媒タイルを組み合わせた立体感のある重厚なファサード、分譲マンションを思わせるエントランス、アプローチにはミニガーデンを配して日々のくらしに季節が感じられる設計としました。「建物のことは、単身赴任で賃貸住宅住まいの経験がある長男と次男で決めたのですが、パナソニックグループのパナホームですから商品の品質は信頼しています。ご近所の方にも“いいものを建ててもらった”と喜ばれましたよ」とオーナーさま。
間取りは、入居募集を担当する管理会社の意見も取り入れて各部屋の間口を広く、収納スペースを充実したゆとりの2LDKに。1坪タイプのゆったりバスやカウンターキッチンなど、女性に人気のラシーネ仕様で住み心地の上質感を追求した『メルヴェーユ瀬古』は、完成と同時にすぐに満室となりました。

担当者のコメントパナホーム株式会社 愛知支社特建営業部 資産活用営業所 山田 高敬・名古屋設計部 山室 英司

担当者写真最近は、見た目のよい高級感がある賃貸住宅に住みたいという入居者ニーズが高まっていることから、外構計画を含めた外観の第一印象で差別化できる、デザイン性の高い物件づくりにこだわっています。高級感のあるきれいな賃貸住宅は、周囲の環境にも好影響を与え、ご近所のみなさんにも喜んでいただけます。加えて『メルヴェーユ瀬古』はファミリー向けですので、女性の視点を重視してセキュリティとラシーネ仕様を採用し、付加価値を高めました。
(写真右が資産活用営業所 山田 高敬、左が設計部 名古屋設計部 山室 英司)

パナホームオリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

  • ラシーネコンセプトブック

    カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック
  • 3・4・5階建実例集

    カタログ画像:3・4・5階建実例集

土地活用・賃貸住宅経営はパナホームで