実例に学ぶ土地活用専用賃貸住宅 2階建
46愛知県江南市 / 専用賃貸住宅 1棟・8戸

土地の特性を生かす建築デザインが、賃貸住宅の個性となる。

立体的なフォルムと重厚なタイル外壁が存在感を際立たせる『ラシーネ花水木』の外観。屋根には太陽光発電19.5kWを搭載。

名称
ラシーネ花水木
敷地面積
540.53㎡(約164坪)
延床面積
383.44㎡(約116坪)
棟数・戸数
1棟・8戸
間取り
1LDK(約40~48㎡)

こだわったのは敷地を生かす配置計画。

愛知県の北部、木曽川の南岸に位置する江南市は、名古屋都心まで公共交通機関で約20分というアクセスに優れた住宅都市です。2017年春、江南駅に程近い住宅地に、立体的なフォルムと重厚なタイル外壁の外観が目を引く賃貸住宅『ラシーネ花水木』が完成しました。
「少子高齢化で空き家がどんどん増えつつある中で、新たに賃貸住宅を建てるのであれば、個性化・差別化は不可欠ですね」とオーナーさま。奥さまは「敷地は私の実家があった思い入れがある土地ですので、建てるんだったらおしゃれで素敵なものにしたいという気持ちがありました」とおっしゃいます。複数の住宅会社にプランを依頼するにあたり、まずこだわられたのが建物と駐車場の配置です。一部斜めになっている敷地をムダなく有効活用しながら、広い道に面した北側に全世帯分の駐車スペースを設けたい、というのがオーナーさまのご要望でした。

広い道に面して全世帯分の駐車スペースを設け、賃貸住宅の高級感を損なわないように自転車置き場を建物内に設計しました。

建物南面は雁行型に設計し、斜めになった敷地を最大限に活用しています。

デザインのクオリティを追求したプラン。

パナホームでは、オーナーさまのご要望を満たすと同時に建築デザインのクオリティを追求。通常は南面のみにバルコニーを設けますが、角部屋の1室はあえて北面にも広いバルコニーを設けて、外観の立体感と高級感を表現しました。また南面は敷地形状に合わせて雁行型に設計し、有効活用を図りつつ入居者のプライバシーを高めています。
「他社が長方形の規格プランを提案する中、パナホームの提案は土地の形や私達のニーズに沿ってデザインされていました。親身になって計画いただいたのがよく表れている建物だと思います」とオーナーさま。「光触媒タイルの外壁や地震に強い頑丈さも評価しました。私達がいなくなった後、子どもがリフォームして引き継いでくれたら意味があるなと」と奥さま。自動ドアのエントランスを入ると、造園や美術に造詣の深いご夫妻の手で季節の花やコレクションの絵画が月毎に飾られています。オーナーさまご夫妻のセンスが『ラシーネ花水木』のもう一つの魅力です。

自動ドアのオートロックを採用したエントランス空間は、インテリアタイルと木目調の天井材で高級感を演出。
入口正面に設けたニッチには、オーナーさまが季節の花やコレクションの絵画を飾られています。

屋内廊下はカーペット敷きとし、ホテルライクな上質感と遮音性を追求。

居室はナチュラルなインテリアとし、カウンターキッチンなど人気のラシーネ仕様を採用しました。

担当者のコメントパナホーム株式会社 愛知支社 名古屋設計部 山室 英司 (写真右)/愛知支社 特建営業部 資産活用営業所 山田 高敬 (写真左)

担当者写真土地それぞれに固有の特性があります。それを生かしながら物件ごとに個性豊かな建築デザインを心がけています。『ラシーネ花水木』はオーナーさまのご要望や変形敷地の条件をうまくクリアしながら、東側を走る大通りから見ても存在感が際立つ外観デザインを考えました。また共用部を屋内に設けるマンションタイプの設計ができるのも当社の強みです。エントランス空間は高級感を意識し、居住空間の屋内共用部は明るく仕上げて変化をつけました。

パナホームオリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

  • ラシーネコンセプトブック

    カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック
  • 賃貸住宅活用による相続税対策の実践ノウハウ

    カタログ画像:賃貸住宅活用による相続税対策の実践ノウハウ

土地活用・賃貸住宅経営はパナホームで