賃貸住宅経営・土地活用 TOP > 土地活用実例集 TOP > 専用賃貸住宅 3・4・5階建(5)

専用賃貸住宅 3・4・5階建
5 東京都大田区 / 専用賃貸住宅 1棟8戸

都市の風景に美しく映える、重量鉄骨3階建マンション。


池上本門寺の参道に建つ重量鉄骨3階建の『コーポ ユタカ』。 街路樹の緑が映えるキラテックタイル外壁とガラスバルコニーの外観がひときわ目を引きます。


オーナーさまがデザインされたキラテックタイルの門柱。


白いタイルの壁面が美しいアプローチと共用玄関。

名称:Corpo.YUTAKA
敷地面積:163.49㎡(49.45坪)
棟数・戸数:1棟・8戸
間取り:1LDK(45.15㎡ )・
1K(28.80〜33.04㎡)
全5プラン

事業計画のポイント

外構と構造、インテリアが決め手に。

名物くず餅の老舗和菓子店から人気のカフェまで、新旧の店が混在し活気にあふれる東急沿線池上駅から徒歩4分。街路樹の緑に囲まれるように建つ『コーポ ユタカ』は、白とベージュのキラテックタイル2色使いの外観デザインが優美な雰囲気を漂わせています。「この建物、周辺でも評判が良くてね。区役所から1階を幼児向けの施設に借りたいというお話があったんですよ。満室なので断りましたけれど」と話してくださったのは女性オーナーさま。土地から購入して賃貸住宅で資産形成され、今では複数物件を経営されています。「木造と軽量鉄骨は建てた経験があるので今度は重量鉄骨でと考え、取引先の銀行に2社を紹介してもらいました。外観は最初からパナホームが気に入っていましたが、最終的には住宅展示場で構造や室内の設計も比較して決断しました」。


2色のキラテックタイルを採用した外観デザインが好評。


隣地の駐車場から見た『コーポ ユタカ』の全景。


オートロック仕様の玄関ロビーもホワイトインテリアで統一。

成功のポイントは、入居者の定着率。

今回の事業計画は、世田谷に所有されていた築40年を超える木造アパートの売却による事業用資産の買い換えです。「建物が古くなり空室が増えてきたので生活の利便性が高い立地に買い換えました。これからは共稼ぎと単身者が増えるでしょ。ここは近くにスーパーや飲食店が多く、出来た物を買ってきたり外食するのに便利なんです。賃貸経営で一番重要なのは入居者の定着率。私の経験ですが、近くに勤務先がある単身者の方は定着率が高いんですよ」とオーナーさま。『コーポ ユタカ』は、1LDKタイプ1戸、単身者向けの広めの1Kタイプ7戸の全8戸。好立地に加え、洗練されたデザイン・使い勝手の良い間取り・セキュリティ強化が好評で、大手企業の社員や大学病院に勤務する看護師さんなどですぐに満室となりました。


担当者のコメントパナホーム株式会社 東京支社 特建営業部 資産活用営業所 室井 竜市

担当者写真東京は地方に比べると賃料が高い反面、賃貸物件の競争が非常に激しいエリアです。それだけに、収支のバランスをしっかり見極めながら、入居者視点で質の高い外観デザインやプランを実現することが、最終的にはオーナーさまのご満足につながると考えています。今回はパナホームグループの設計事務所を使い、差別化できる賃貸マンションをご提案しました。


パナホームオリジナル資料差し上げます

資産の価値を高める土地活用・賃貸住宅のノウハウや実例集、商品カタログなど役立つ資料をご用意しています。

多層階住宅(3〜7階建)
実例集
カタログ画像:多層階住宅(3〜7階建)実例集
ラシーネ
コンセプトブック
カタログ画像:ラシーネ コンセプトブック

賃貸住宅の建て替えのご相談は、パナホームへ

賃貸住宅の経営や建築、土地活用、法律や税金についてなど、お悩みのことをお気軽にご相談ください。

事業提案サービス

活用する土地の現況と市場性などを考え、経験豊かなプロが事業計画書を作成し最適なプランをご提案。

ページの先頭に戻る