賃貸住宅経営・土地活用 TOP > 実例に学ぶ土地活用 TOP > 専用賃貸住宅 2階建(44) [リフォーム実例]

専用賃貸住宅 2階建
44 京都府京都市 / 専用賃貸住宅 1棟・8戸

うなぎの寝床の京町家を品格漂うハイセンスな賃貸住宅に建て替え。


シックなモノトーンのタイル外観と品格漂う外構設計で、京町家が残る街並みに美しく調和する佇まいを実現。


エントランスへのアプローチは2WAYとし、正面にはタイル仕上げのデザインウォールと植栽を設けるなど、限られた間口の外構設計に工夫しました。

名称:ラシーネ フィーユ
敷地面積:358.80㎡(約109坪)
延床面積:416.29㎡(約126坪)
棟数・戸数:1棟・8戸
間取り:1LDK(40〜54㎡)

京都特有の敷地条件に最善のプランを。

JR丹波口駅から徒歩7分、京都の主要幹線路のひとつ五条通に程近いお屋敷街の一角に2016年春、8世帯の賃貸住宅『ラシーネ フィーユ』がオープンしました。以前は、間口が狭く奥行きが深いことから俗にうなぎの寝床と呼ばれる京町家のご自宅が建っていました。
「壊すのは忍びないという想いもあったのですが、こことは別にも家がありまして、行ったり来たりの生活。家を複数維持していくのは経費もかかり、少しもったいないというのが正直な気持ちでした」とオーナーさま。取引先の銀行や税理士から有効活用を勧められていたこともあり、相続税の改正を機に計画をスタート。ご子息さまやお嬢さまも加わり、ご家族全員で計画に取り組まれました。ご子息さまは「間口が狭いこの敷地に、最善のプランで建てていただけた。私自身、賃貸物件で生活した経験がありますが、自分でも住みたいと思える、気持ちよく住める物件ができたと満足しています」とおっしゃいます。



吹き抜け空間を設けたエントランスロビーには、高い天井からおしゃれな照明の灯りが降り注ぎます。


屋内共用部は壁面を白の化粧パネル、床面はカーペットとし、シャープな壁面照明でシンプルモダンな空間に仕上げました。


横並びではないプラスアルファの魅力。

キラテックタイルの外観や落ち着いた外構えが京の街並みに調和する『ラシーネ フィーユ』。通りからは一戸建のお屋敷のようですが、一歩中に入ると吹き抜けや奥へと一直線に続くカーペット敷きの屋内廊下が空間の広がりを感じさせる設計。白の化粧パネルに間接照明の光が反射するシンプルモダンな空間に、お嬢さまがセレクトされた優美な色柄のアクセントクロスが品格を添えています。ディンクスやアッパーシングルをターゲットとした居室には、ワンランク上の設備と充実した収納を採用しました。
「競合物件と横並びではなく、お金をかけるべきところはかけて入居される方が住んでよかったと思えるプラスアルファの魅力をつくる。ラシーネの実例を見せていただいて、パナホームの提案のイメージが湧きやすかったですね」とご子息さま。完成前に早々に満室となりましたが、オーナーさまは今もご近所のお知り合いから「空いたら教えて」とよく頼まれるとか。ご近所の評判も上々のようです。


居室のLDKは開口部を多くとった明るい設計。人気のカウンターキッチンやパントリー、アロマトレイ付きのゆったりバスで、入居者にひとクラス上の心地よさを。


プライベートルームは、フローリングの木のテイストに調和する優美な色柄のアクセントクロスを採用。たっぷり収納できるウォークインクローゼットも併設。


担当者のコメント京都パナホーム株式会社 営業部 資産活用課 萩本 健一郎

担当者写真史上最低水準のローン金利を背景に、土地活用のお客さまの間でも「収益性を考えると今だな」とおっしゃる方が増えています。一方、競争力を重視して高級志向の物件づくりをお考えのオーナーさまにとっても「金利が安い今がチャンス」です。このように収支計画にしても相続税対策にしても、オーナーさまの考え方やご意向はさまざまです。営業活動ではそれを汲み取り、お一人お一人に合った資料を作り込む、徹底した個別提案を心がけています。

新・土地オーナーサポートシステム NEOS
資料請求はこちら
土地活用のご相談はこちら
事業計画提案(無料をご希望の方はこちら
ページの先頭に戻る