パナホームの土地活用 NEOS土地活用のメニュー

土地の資産価値、収益性を高め住む人に求められる土地活用を。

柔軟な事業対応力を持つ低層賃貸住宅をはじめ、中高層の賃貸マンション、需要の拡大が予想される高齢者のための賃貸住宅や持ち家層に土地を賃貸する定期借地など、土地活用の手法は多様です。
パナホームは、土地の可能性を最大限に引き出し、オーナーさまに最適な活用法をご提案します。

専用賃貸住宅による土地活用

  • 2階建

    豊富な外観バリエーション、住まいとしての確かな品質、一歩先を行く快適仕様で、入居者に選ばれ続ける賃貸住宅経営をご提案します。

    「専用賃貸住宅 2階建」の実例はこちら
  • 3階建

    都市部から郊外まで、幅広い立地に対応する3階建。ワンフロアをプラスすることで収益性を高め、ひとクラス上の賃貸住宅経営を実現します。

    「専用賃貸住宅 3・4・5階建」の実例はこちら
  • 戸建

    転勤族や子育て世代のファミリー層に適した戸建タイプの賃貸住宅。小さな敷地の有効活用や、資産継承に備えた不動産の分割対策にも有効です。

    「専用賃貸住宅 戸建」の実例はこちら
  • 中高層

    土地の高度利用で、収益性を高める賃貸マンション経営。住宅メーカーのノウハウを生かした高い居住性能と先進設備で、都市生活者のニーズに応えます。

    「専用賃貸住宅 3・4・5階建」の実例はこちら
  • 併用賃貸住宅による土地活用

    効率のよい敷地設計と建築計画で、マイホームや店舗と賃貸住宅の最適バランスを実現。敷地の特性を生かした、ゆとりの収益生活をご提案します。

    「併用賃貸住宅」の実例はこちら
  • 高齢者向け住宅による土地活用

    超高齢時代の新しい土地活用。要介護の方も安心してくらせるケア付高齢者住宅をご提案。土地オーナーさまと医療や介護サービスの事業者さまのコーディネートも、専門スタッフがサポートします。

    「高齢者向け住宅」の実例はこちら

定期借地権住宅・複合型事業による土地活用

  • 賃貸住宅経営と定期借地を組み合わせたり、土地の一部を売却して事業資金を確保するなど。リスクを小さくしながら大規模な土地を有効活用する複合型事業をご提案します。

    「定期借地権住宅・複合型事業」の実例はこちら
  • 定期借地とは

    マイホームを借地権で取得したい層向けに、土地を一定期間(住居の場合は50年以上)賃貸し、長期にわたり安定した地代収入を得る活用法。契約期間満了後は必ず更地で返還されるので、確実に次世代に土地を残すことができます。